ハロー!妄ニング。


なんとか生きながらえてます
by Borusichi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
注意!
基本的に本人の意識とは無関係に記述されるいわば自動書記です。

実在する個人・団体に関連する内容が書かれていても真に受けないことをお勧めします。
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
ヨコハマ大道芸2006/..
from 国境の南
wind mp3
from Hamer Sophie
mp3 rock music
from Silvia Maggior..
downloads
from Lillie Rage
whistle song..
from Peter Glelchmann
software to ..
from Venna
22moscow mus..
from Lars Goran Olo..
mp3 song to ..
from Esa Isotupa
the beatles ..
from Edith Doswald
up where we ..
from Oliver Fay
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


「キングコング」で男泣きの巻

映画を見る喜びとは、今まで体験したことのない事、見たことのない物を見せてくれるところだと思うわけです。非日常の世界への旅です。どうせお金を払うならワクワクドキドキしたいじゃない!

そういう意味で今作のスカルアイランドでの展開は素晴らしいの一言に尽きます。巨大ゴリラに恐竜に無数の昆虫の群れが間断なくやって来るこのサービス過剰振り。
しかも虫たちの力の入ったリアルさときたら!思わず声が出ちゃう!

そして何と言ってもコングの存在感ですよ!
雄々しく、猛々しく、力強く、純情で、不器用で、可愛らしい。
そんなコングが愛する女のために体を張って戦いに臨み、そして倒れる姿を見せつけられた日には鬼の目にも涙がこぼれるってもんですよ。コングお前、男だよ!



あとキングコングにリアリティが無いと言っていたI筒監督、あなたは怪獣映画に何を求めてるの?
[PR]

by Borusichi | 2005-12-26 19:44

クリスマスの夜に思う

有馬記念ではド本命のディープインパクトが敗れ、M‐1では一般的には無名に等しいブラックマヨネーズが優勝と波乱のクリスマスとなった25日でしたね。
まあ、ギャンブルに興味がない私には馬の事などどうでもいいのです。美川憲一が万馬券を取ろうが知ったこっちゃねえっす。

しかしあれだ、ブラックマヨネーズ。確かに面白かった。全体的にコントにも流用できる芝居仕立てなネタをやる組が多い中でストロングスタイルのしゃべくり漫才で勝ったというのはすごいと思います。

これで今後の活躍もある程度(少なくても来年一年は)約束されたようなもんですが・・・
ハゲ&ブツブツ肌という、モテの地平から遠く離れたところにいる彼等。恐らくそのルサンチマンで笑いに精進してきたことでしょう。露出が全国区になることでその気持ちが薄くならないか?
またそもそもそんな二人をお茶の間が温かく受け入れられるのか?といらぬ心配をしてしまいます。
でもそんな非モテの星の二人には頑張ってほしいところ。そしてとにかく同年代が活躍してくれるのは嬉しいものですね。
[PR]

by Borusichi | 2005-12-26 12:39

ケータイの話

先日、携帯電話の機種変更をしまして。二年余り使っていた以前の機種から最新型に鞍替えなのです。
前の機種はさすがに電池の持ちが悪くなってきましてどうにも具合がよろしくないと思っていたわけですが、最近のauの型はどうもナンパ軟弱な物が多いような気がして。
結局、機能・デザインなど考慮してW32Hに決めたのでした。お財布ケータイってやつですよ!
まあ、常に空の財布ですが。
最新型の機種になって驚いのは通信速度ですね。こんなに早いとは思いませんでしたよ!マジで量産型とシャア専用くらい違うでしょう。
「これがWINの力なのか」思わずそう呟いた冬の午後であります。
いやあ科学の進歩ってスゴいですね。
[PR]

by Borusichi | 2005-12-25 08:54

初めてのルミネtheよしもと

この冬一番の寒気団、冬将軍の戦陣が攻め込んでくる今日この頃。我が家のPC部屋には床暖房(というかホットカーペット)しかないため、お尻は温いが指が冷たいという状況であり、あまりPCの前に居たくないのが本音のところ。そんなわけで更新も巡回も滞りがちなのです。チクショー!!(小梅太夫)

そんな寒い最中の昨日、我々夫婦はとある筋から入手したルミネtheよしもとの招待券を持って新宿へ出かけてきました。
日曜日とあっておそらく場内は混むであろうと予想し、朝は9時前から家を出るという我々にとっては異常に早い出発であります。特に私以上に朝に弱い妻はプレッシャーからかほとんど寝付けないまま朝を迎えてしまったほど。遠足前の小学生かよ!

手持ちのチケットを当日の入場券に引き換えないといけないのですが、その時間が朝10:30からということで早く出たわけですが、なんとか整理番号6.7と前の方を取れたので一安心。
さて、問題はこれから15:30までどうして時間を潰そうか、というところです。

しかし、なんやかんやでルミネ内をうろうろしているだけで時間が経ってしまうから不思議なもんで。なによりヴィレッジ・ヴァンガードがあったのが救いでした。

お昼も食べて、おやつもしっかり購入したところでいざよしもとへ突入です。

当日の演目&感想は、

第一部:吉本新喜劇・・・・出演 130R(ほんこん、板尾)、大山英雄、宮川大輔他
漁師不足の漁村にある定食屋(主人:ほんこん)を舞台に起こる一騒動。

ほんこんさんの噛み噛み具合とかに生の醍醐味を感じたりもして。あと、宮川大輔声でけー!


第二部:ネタバラエティ
・南海キャンディーズ・・・・漫才。しずちゃん子供番組のおねえさんになりたい。
しょっぱなからの登場に客席のボルテージも一気に上昇。しかし、客の中に空気を読まないで声をかける人がいて、山ちゃんがちょっとやりにくそうだったのが可哀想。
しかしあの独特な空気感、やっぱり好きだわぁ、このコンビ。

・はりけーんず・・・・漫才。駅で見かけた不細工カップルの話他。
そこそこ受けていた南海の後でやりにくそうな空気もありつつ手堅い感じ。中堅の仕事って感じ?

・ハローケイスケ・・・・漫談?いつものアンケートスタイルのやつ。
エンタの神様で見るときよりも格段に面白かったのはやはりライブならではのマジックなのか?
あと気になったのは、なんか肉付きが良くなっていること。もっとほっそりしたイメージだったのだが・・・衣装がパッツンでしたよ。

・インパルス・・・・コント。地元の釣り人と東京の釣り人。
・・・・なんかダメだったなぁ。ネタのせいなのかなにか解らないけど、一番笑えなかった。キャラに頼りすぎじゃねえか?(偉そう)

・じゃぴょん・・・・コント。売れてないけど芸暦は長い歌手と新人マネージャーのやりとり。
ロンブーの番組などでたまに見かける程度だったのでどんなコンビなのかさっぱり解らなかったのだが意外に面白いコントで見直した。この日に限っていえばインパルス以上の面白さだったと言えよう。それこそエンタあたりに出たりするようになれば伸びるかも。

・B&B・・・・漫才。技術の進歩はよろしくない他、というかほぼフリートークか?
本人たちも言っていたが台本がないかのように繰り広げられるトーク。昔の貧乏話から電車の中の光景まで縦横無尽。さすがの力量というかなんというか一番笑ったのが彼らでした。やっぱり年季の違いというのはすごいね。しかし、洋八のほうがツッコミではなくボケになりつつある、というのが意外だったなぁ。というか洋七がひとりでボケ・ツッコミ両方をこなしているという感じか。


とまあ、そんなわけで顔の筋肉が痛くなるほど笑って帰ってきまして。
これで、あれでしょ、免疫機能が倍ぐらいになったんじゃねえの?もう年末年始は風邪引かずに過ごせるんじゃないの?
そんな感じですよ。
[PR]

by Borusichi | 2005-12-19 13:59 | 初めての○○

人は何故浅田真央の演技に感動するのか

いや、すごかったねスケート。みんな見た?俺は見たよ、ダイジェストでだけどね。
とりあえず浅田真央ちゃん優勝おめでとうございます。おじさん不覚にも少し涙ぐんでしまいました。ダイジェストなのに。

まあ、失敗しまくりのアンミキはともかくスルツカヤなんかも体が重いのかジャンプを跳べてないように見えたのでツいてたのかとも思いますが、そんなことはともかく。

何というか、周りのいろいろ面倒くさいやりとりを考えさせないその健気さとか、変に背伸びした大人っぽさで芸術点を狙いにいかない、年相応な可愛らしさや天真爛漫さ。そういう部分が万人の胸を打つんじゃないかなと思ったり。
あと、あのあどけないルックスのせいもあって、親戚の娘さんが大きくなって「あんな小さかったあの子がこんなに立派になっちゃって」的な気持ちにさせるんでしょうな。
さながら審査員にも「はじめてのおつかい」の子どもを応援している心理に近いものがあったのでは?と予想してみます。


そんなわけで、真央ちゃんのキャッチフレーズは「日本の姪っ子」とすることを提案します!
[PR]

by Borusichi | 2005-12-18 10:19 | どうでもいい話

ボルシチ上野に立つ!

仲根かすみ結婚の報に驚きを隠せない今日ですが、そんな冬の一日に私は上野に向かったのであります。
目的は一つ、上野の森美術館で開催されている「GUNDAM 来るべき未来のために」展を見るためであります。それとアメ横で靴を探すためです。じゃあ、二つじゃん。

上野駅に到着し、チケットでも買うべと思い駅内のチケットセンターを覗くとなんと閉まっているじゃないですか。「こりゃ、今日は休みだったか?しかしネットで調べた限りでは休みだとは書いていなかったはず・・・」と思いとりあえず会場へ向かいます。しかし道を間違えて国立博物館の方へ。シロナガスクジラの模型を横目に見つつ逆方向へ引き返します。

不安を抱え、同行した嫁の「ちゃんと調べないから!」という罵声を浴びながら現地へ着いてみるとちゃんと開いているじゃないですか!なんだよ、まったく脅かしやがって。

さて、場内へ入りいろんな展示物を見たわけですが(例:こんなのとか。ちなみにセイラさん。)
b0029921_1242769.jpg

まあ、「別にこれはガンダムじゃなくても・・・」という物もあったような気もしつつ、あくまでガンダムをネタとした『アート』なのだというところが何かを期待して見に来たガンオタを小ばかにしているようでもあり面白かったなと。そしてやはりデカイものは迫力あるな、という結論に落ち着いたのでした。
個人的に好きな会田誠の作品が見れただけで良し。ポスターも買ったし。

そして、そんな何かを期待してやってきたおバカの一人としてしっかり限定のプラモデルも購入していく俺なのでした・・・・・・。
[PR]

by Borusichi | 2005-12-13 01:18 | どうでもいい話

偉大なアーティストの共通項は奔放なセックスライフ

偉大なアーティストの共通項は奔放なセックスライフ | Excite エキサイト

押尾様とかね。
[PR]

by Borusichi | 2005-12-06 20:51 | ニュース

御殿場でボウズをまぬがれる

12/3、友人たちと3人で御殿場の東山湖フィッシングエリアへ釣りに行く。
今シーズン初の釣り、新調した竿の振り初めである。

朝4時起きで5時出発。6時半過ぎには到着し7時前には竿を振り始める。

雨こそ降らなかったもののさすがに山の方の気温は低く、昼前より日が差してきたがその分風が強くなり寒さは一層きつい。しかもフライフィッシャーにとっては風は大敵である。まあ、風に乗せて飛ばすという手は使えたけど。

結局14時近くまで粘ったが、終わり間際になってようやく1匹釣り上げることができてほっとするやらなんやら。ただ、大きさは一番だったけどね(せめてもの自慢)。前回は6~7匹だったがやはりビギナーズラックだったか?しかし、3人中2人は釣果が1匹なのでそういう時期だった、と納得することにする。釣り過ぎても嫁に嫌な顔をされるし。

次回はもう少しフライの使い方を見極めてやらないとダメだな、と反省。
そして「右手首さえ無事なら・・・」ということを言い訳としておくことにする。

風が強くなってくることを想定してルアーセットもあった方がいいかな、と思ったりもしたがそんなことを嫁に言ったりするとこれまた嫌な顔をされるので胸にしまっておく。
[PR]

by Borusichi | 2005-12-05 10:36 | どうでもいい話

初めてのトリエンナーレ

夏といえばキンチョー、秋といえば芸術、冬といえば干し芋。ですよね?どうもぼるです。
b0029921_9485731.jpg

そんなわけで先週金曜日に横浜は山下で開催中の「横浜トリエンナーレ2005」を見に行ってきたのです。

まずはその前にお昼ご飯、ということで中華街の謝謝というお店でランチをいただく。
ボリュームは普通なれど激辛麻婆豆腐を選んだことによりご飯が進むこと進むこと(おかわり自由のせいもあり)たらふく食べて500円!というヴァリュープライスに満足しつつ、中華街内の公園に展示されているトリエンナーレがらみの作品を見に行きました。
公園内のオブジェ?をベッドの天蓋に見立てて周りに部屋を作ってしまったという作品。実際に宿泊もできるということですがルームサービスは付いているのでしょうか?

その後、山下公園まで歩いていざ会場へ。山下公園近辺の銀杏並木もきれいに色づいておりやした。
b0029921_9552326.jpg

場内は残念ながら撮影禁止ということで写真は無しで。

まあ、私なんぞは芸術の何たるかなんぞさっぱり理解できない人間モドキですから正直「・・・?」な展示物も多かったわけですが、そんな中でもやはりデカイ物なんてのは単純に迫力ありますよね。あと、観客が体験・体感できる参加型の展示が多かったので結構楽しめましたよ。他の作品も基本的には手を触れちゃいけないんでしょうけど、ほとんどの物が触ろうと思えば触れるような展示の仕方をしているんですね。
美術・芸術と言ったってい一般の人間にはそうそう理解できるようなもんではないでしょうし、そういう普通の人たちとアートとの距離を近づける、親しみを感じさせるという点ではこの距離感はすごく良いと思います。あとは心無い人たちや子供に壊されたりしないことを祈るばかり。

残念ながら時間の都合であまりじっくり見ることはできなかったのですが、たまにはこんな秋もいいですよね。
b0029921_9581718.jpg

[PR]

by Borusichi | 2005-12-05 02:44 | 初めての○○

年末ですね

どうも年の瀬清志郎です。うそですボルです。

★いよいよ今日から12月に突入ということで、紅白のメンバーやら流行語やらも続々と発表されてますね。で、結局AKIKOWADAは白組で出るの?グループ魂の初出場って何かの冗談?幸田來未のエロはNHKでどこまでやってくれるの?

とりあえず氣志團のとこは要チェックだぜ!

★年の瀬も押し詰まってきたこの頃になって元同僚の訃報やら、大事故によるケガやら嬉しくない報告が続きまして。ちょっとげんなりした気分が続いておるのです。自分自身も理由がわからないまま右手首の筋を痛めてしまいなんだか不安な日々だったりして(心配性)。
今年前半にハッピーな報告が多かった分、ここでバランスしてんのかなとか思ったりもして。

だんだん年を取ってくると嬉しい報告よりも悲しい報告の方が増えてきたりするもので。そんなことで年齢を実感するのも何だかなあ、という気もしますが。

★本日は映画の日ということもあって「せっかくの休みだし一本見てやっぺかな!」とか思っていたのですがやはり夜勤明けだと眠くてダメですね。一度布団に入ると二度と出て行く気が起きませんや。寒いし。こんな日はやっぱり部屋でこたつむりがいいですよね。

こたつ無いけどね。
[PR]

by Borusichi | 2005-12-01 20:12 | どうでもいい話