ハロー!妄ニング。


なんとか生きながらえてます
by Borusichi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
注意!
基本的に本人の意識とは無関係に記述されるいわば自動書記です。

実在する個人・団体に関連する内容が書かれていても真に受けないことをお勧めします。
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
ヨコハマ大道芸2006/..
from 国境の南
wind mp3
from Hamer Sophie
mp3 rock music
from Silvia Maggior..
downloads
from Lillie Rage
whistle song..
from Peter Glelchmann
software to ..
from Venna
22moscow mus..
from Lars Goran Olo..
mp3 song to ..
from Esa Isotupa
the beatles ..
from Edith Doswald
up where we ..
from Oliver Fay
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


赤いシリーズ・1

b0029921_2356571.jpg

一部で有名な函館の観光(そして心霊)スポット、その名もずばり「赤い墓」。
それはシャア専用な訳ではなく、昔函館にいた全身赤づくめの有名人のお墓なのです。その服装にちなんでこのカラーなんですな。
カブイてますねぇ。
俺の墓も青に塗って欲しいものです。
[PR]

by Borusichi | 2005-08-30 23:56

フロム 北海道

b0029921_23335410.jpg

内村P番組終了の報に愕然とするなか、みなさんどうもお久しブリストル。
私は今、関東の灼熱地獄を逃れ北海道は函館に来ております。いわゆる避暑ってやつ?いやあ、やっぱり夏は北国に限るべさ。だべ~。
まあ実際は帰省なんですけどね。
せっかくの実家ライフを満喫したいところだったのですが、連日5歳の甥&3歳の姪の遊び相手をさせられましてリラックスのリの字もありませんよ・・・。レオン・リーのリの字はあるけども。

とりあえず「モ~、大変!」みたいなキャプションてことで。
どうかひとつよろしく。
[PR]

by Borusichi | 2005-08-29 23:33

またひとつ・・・

みんな、夏バテしてる?
俺はもちろんしてますよ!なんせ流行最前線で戦う男ですからね。ブームに乗り遅れるのと電車に乗り遅れることだけは避けたい日々ですよ。

・さて、夏(お盆シーズン)といえばテレビ各局でも怪奇番組とか心霊特集とかを多めに流す時期でもありまして。
私のようにその手の話が大好物、三度の飯より心霊写真っていう輩にとってはベストシーズンなわけですよ。映画もね、「チャイルドプレイ」の新作とか、「ゾンビ」の新作とか、「ノロイ」とかどれから見に行こうか目移りしちゃうってな具合でして。

まあ、こんなのん気なことをいっているのも本人には霊感なんてものがまったく無く、怖い経験なんかを一度もしたことがないっていうせいだと思うんですけどね。いってみれば憧れ?違うか。でも実際本物を目にしたらオシッコ漏らすけどね。

そんなわけで時々思いついたように創作怪談話を書き残したりしているわけですよ。
一人百物語、もしくは怪談耳ブログ(また駄洒落かよ)。

しかし、文才が無いもんで一人で百個の怪談を考えるのにどのくらいかかるやら・・・・・。


・それはそうと私、先日またひとつ年を取ってしまいまして。3のぞろ目でございますよ。

しかしまあ、三十路を超えると「誕生日だからめでたいね」なんて意識もさほどないというのも正直なところなんですが、一応妻プロデュースでレストランに食事に行ったりなんかもしまして。
妻の実家のそばにある町の洋食屋的なこじんまりした店だったのですが、行ってみるとなんと今年のハマカレー認定店じゃないですか!(ハマカレーとは横浜カレーミュージアムが認めカレーのおいしい店・メニューのこと。今年は欧風カレーに絞って選ばれている。)

カレーハンターとしてはこれは!と思ったのですがせっかくのバースデーメニューにカレー!?と軽く諌められまして、今回は諦めた次第であります。
[PR]

by Borusichi | 2005-08-21 15:30 | どうでもいい話

季節なはなし

深夜のテレビもめぼしい物は終わってしまい、そろそろ寝ようかなんて歯磨きなどを始めたそんな時。

我が家にはカメラ付きのインターホンがあり、来客の姿が見られるようになっているのですがふと、なにげなくそのカメラのスイッチを入れてみたのです。

別に玄関先、ドアの向こうに気配を感じたとかそういうことは全然無く、ただなにげなく。

するとカメラの画像には一人の少女の姿が映っていました。
顔は俯き加減で表情はよく見えませんでしたが、まだあどけなさが見て取れる十二~三歳の子でした。

いくら少女とはいえこんな時間に・・・と思いさすがにドアを開けることは躊躇われました。
と、同時にあることを思い出したのです。
そこでインターホン越しに彼女にこう話しかけました。
「君の家族は引っ越してしまって、もうここには住んでいないよ」と。


以前この部屋に住んでいた家族がある事故で一人娘を失ってしまい、その部屋を移ったという噂を耳にしたことがあったのです。


彼女は私の話をすぐに理解してくれたようで、部屋の前から立ち去っていきました。
引越し先を知らないであろう彼女には悪いことをしたかなと思いながら、「ああ、そういえばお盆の季節なんだな」と感じたしだいなのです。
[PR]

by Borusichi | 2005-08-17 17:51 | 怪談

今日のニュース

毎日暑い夏の日々、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

世の中はお盆シーズンということで、故郷に帰る生者&死者で田舎は溢れかえり、都会は幾分過ごしやすくなっているのでしょうか。
私も、この終末いや週末は辛うじてお休みなのでして、かといって外出する気力もなく基本的には部屋でごろ寝モードなのです。
でも今日は仕事用に腕時計(やはり現場仕事にはGショックですね)とポロシャツ、CDを買ってまいりました。

ところでこのところ、テレビも見ない、PCに触る時間も無いような生活を送っていたため世情にすっかり疎くなっていた私なのです。(新聞読めよ!というツッコミはなしの方向で)

知らなかったよ、杉田かおるがすでに離婚していたなんて

知らなかったよ、知念里奈ができちゃった結婚だなんて

知らなかったよ、石井輝男監督が死去していたなんて!(泣)

知らなかったよ、sakusakuのご意見さんが死去したいたなんて!!(大泣)

知らなかったよ、プレイメイトに日本人が選らばれていたなんて!(ナイスパイ!)

まったく世の中ってやつは俺の知らないうちにどんどん変わっていきやがるぜ・・・・
(しかし芸能ニュースばっかり)

そんなわけで、明日は石井作品のビデオでも借りてきて一人映画祭でもやろうかなと思うちょります。
今年はそっち方面の関係者の訃報が多い気がするなあ・・・。
[PR]

by Borusichi | 2005-08-14 00:43 | ニュース

近況なはなし

「妖怪大戦争だー!!」

いや、どうも特命係長ことボルです。
毎日暑いですね。日本は拳銃の所持が禁じられていて本当によかったと思います。

さて、昨日より新しい職場、というか昔の職場へ出戻った訳ですが、さすがに7年ぶりですからすぐに仕事ができる訳でもなく、いわゆる教育期間というわけです。

なんせ現場仕事ですから扱っている物品の内容だとかを覚えなきゃいけないのですがこれがもう面倒くさいのなんのって。もう30を越えると脳が固くなっちゃって、皺を刻み込むのも一苦労ですね。
あと、現場が独特の臭いのする所でして(扱っている物の性質上仕方ないんですが)これがキツイ!特にこの時期はたまらんですなぁ・・・


まあそんなこんな、アンナマンナで特にネタもない日々なのでした。
b0029921_212533100.jpg

で、こんなものでお茶を濁す。
[PR]

by Borusichi | 2005-08-09 21:26 | どうでもいい話

普通っていいね「亀は意外と早く泳ぐ」の巻

(あらすじ)
平凡な生活を送る主婦スズメはその平凡具合にかなり危機を抱きつつ抜け出せない。
そんなある日、偶然から「スパイ募集」のポスターを発見。好奇心からそこに書いてある番号へ電話をかける。そしてその日から普通で奇妙な日々が始まるのであった・・・


一応、主人公はスパイなわけですがスパイの行動は目立ってはいけない、ということで極力普通の生活しろという指令がでるわけです。つまり今まで通りに生活しろと。

今まで、だらだらと「これでいいのか?」という思いで送っていた日々。
しかし、その行動の一つ一つが「これはスパイの任務なんだ!」と考えるだけでどれもすごく重要に思えてくる。普通なのに普通じゃないという感覚の面白さがキモですね。
物事というのは考え・見方方次第なんだよっていう。
不味い食べ物には不味いなりの理由があるし、同じベンチに同じ人がいつも座っているのにも理由があるんです。

とはいえ、普通普通と言いながらも登場人物は一風変わった人達ばかり。一番平凡に見えていた主人公スズメでさえもやっぱりちょっと変わったところもあるというのが後半呈示されることで、「世の中には本当に普通のことなんてないし、普通の人なんていないと」いうこと、ひいては「普通ってなんだ?」ということが言いたかったのかもしれません。


とにかく上野樹里の今のところのベストワークといってもいいかもしれません。変なパーマ頭でさえ可愛いです。素晴らしい!奥様には全然見えないけどね。

あと、要潤の飛び道具っぷり(目が完全に死んでる)にも注目です。
[PR]

by Borusichi | 2005-08-07 00:11 | 映画について

始まりの終わり、「スターウォーズ エピソードⅢ~シスの復讐~」の巻

遠い昔、はるか銀河の彼方・・・ってあまりにもあれなのであらすじは割愛。

要するに、若きアナキン・スカイウォーカーがいかにして一日駅長などもこなす暗黒卿ダース・ベイダーになったのか、というお話です。


誰しも煮共通することなのか知りませんが、若い頃というのは「自分にはまだ発揮されていない才能があるはずだ」とか「俺の未来には何かの可能性がある」とか、何の根拠もない自信というか思い込みがあるもんです。で、次第に歳を重ねるうちに「あぁ、やっぱりそんなもんなかったな・・・」ということに気付いて、だいたいその時にはすでに手遅れだったりするんですけど。

ましてや、実際に才能があり若くしてバリバリ第一線で活躍してしまったりすると「やっぱり俺ってスゲエ!」みたいな事を思ってしまうものでしょう。それによって人間的成長の足りないまま増長してしまうということはよくある話です。
野球やラグビーのエリートとして名門校で入っていながら、不祥事を起こして新聞沙汰・・・なんて事件はしょっちゅうおきていますからね。

今作(というか今シリーズ)の主人公であるアナキンもずば抜けた才能の持ち主であるゆえに、「誰も俺を認めてくれない!こんなに活躍してるのに!ベンチがアホやから!」という思考ループに陥ってるわけです。若いですね。
ただ「若いね」の一言で済まされるほど彼の力(フォース)が甘い物じゃなかったというのが悲劇だったわけで。

彼は彼なりに悩んで、その結果道を踏み外すことを選んだ訳ですが世の中の十代・二十代の諸君は特にこの夏休み「若さゆえ」という理由で暗黒面に堕ちるような行為はくれぐれも慎んでくださいね。
[PR]

by Borusichi | 2005-08-06 23:40 | 映画について

ああ、夏休み。

どうも、毎日暑いですね。
主食がホームランバーになりつつあるボルです。ホームラン→ホームラン→ガリガリ君・・・たまにシャビィみたいな、そんな生活。まさにアイスメンな俺。
ハセキョウみたいな女教師に指導を受けたい、そんな自堕落ライフなのです。

・新しい職場への移動日も来週月曜に決まり、昨日は送別会をやってもらったのです。
しかし、場所がどうにもわかり難いところにありまして、地図をもらっていたものの一向に辿り着くことができず暑いやら面倒くさくなるやらで途中で帰ろうかと思いましたよ。
そのうちに他の面子と遭遇したのですが、彼らの彷徨い組でして結局30分くらいウロウロしていたのです。
どうやら会場のスナックは幹事の行きつけらしく、普段からのツケを一掃するためにその場所を選んだんでは?との疑惑が。っていうか一次会からスナックてどうなのよ!?

まあ、それでも適当に飲んで食べて終電で帰ってきたので、今日は疲れて一日寝て暮らしていたという次第であります。

・そうなのです。今日から日曜まで思いがけず休みになってしまったのです。というか所属が宙ぶらりんになっているので調整して休みを取った(取らされた)形なのですが。

とはいえ、いきなりそんなこと言われても遠出することもできませんしね。とりあえず映画でも見に行くとか自転車を整備するとか、その程度のことしかできないでしょう。
それすらもしないかもね、暑いし。
まあ、よく考えたら世の中の皆さんもこの時期夏休みだったりすんでしょうから、何処に行っても混んでいるんでしょうし、あえて何もしないというのが利口かもしれませんねぇ。

・今週は「火垂るの墓」の放送があります。夏が来たな、という感じがしてきますね。
ちなみに関東では先日夜中に「シベリア超特急」が放送されましたが、これもやはり戦争反対ということで選ばれたんでしょうね。グッドチョイス!です。
やるな日テレちゃん!
[PR]

by Borusichi | 2005-08-04 22:08 | どうでもいい話

韓国、犬のクローン化に成功

韓国、犬のクローン化に成功 | Excite エキサイト
もちろん、目的はひとつ!
[PR]

by Borusichi | 2005-08-04 21:14 | ニュース