ハロー!妄ニング。


なんとか生きながらえてます
by Borusichi
注意!
基本的に本人の意識とは無関係に記述されるいわば自動書記です。

実在する個人・団体に関連する内容が書かれていても真に受けないことをお勧めします。
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
ヨコハマ大道芸2006/..
from 国境の南
wind mp3
from Hamer Sophie
mp3 rock music
from Silvia Maggior..
downloads
from Lillie Rage
whistle song..
from Peter Glelchmann
software to ..
from Venna
22moscow mus..
from Lars Goran Olo..
mp3 song to ..
from Esa Isotupa
the beatles ..
from Edith Doswald
up where we ..
from Oliver Fay
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧


転籍のはなし

まず、刑事コジャックをご存知ないという方々はこの写真をどうぞ。ドン!
b0029921_12298.jpg

さらにドン!
b0029921_121481.jpg

そして何の説明もしないままに本題へ・・・

仕事の話。
つい一週間ほど前に転籍を打診されまして。
打診といってもほとんど拒否権の通用しない話なのですが。
っていうか8.1付けの移動の話をそんなに急にすんなよ!という気もするのですが。

転籍先は入社して最初に配属された職場なのですが、5年ほどいて、まあ人員削減のあおりを受けまして別の部署へ移動になったのですな。そこから関係部署ということでまた移動になったのが現在の職場なのです。

それがまた急に元の所に戻ってきて欲しいと。
要は「今後事業拡大の目があるので人手がほしい→ついては即戦力がいい→ならば以前に所属していた人間ならいいだろう」ということのようで。

しかし、こっちにしてみれば「お前、俺のこと切ったんちゃうんか!」という思いもありますし、それ以前に当時の知識だの技術だのなんて物はきれいさっぱり忘れてしまっているので、「即戦力?またまたご冗談を・・・w」って状態な訳です。なんせ今の業務の方が長くなってるしね。
つまり実質ずぶの素人を連れて行くようなもんで、期待されても困るよなあ・・・ってのが本音なのです。

内容的には今の仕事の方が向いてると思ってるし、環境とか人間とかもいいところなので正直、参ったなあというところでして。
あえて問題を起こしてまた戻されてやろうかしら・・・なんてこともちらっと思ったりもしたのですがそこは私も大人ですから。もっと陰険なやり方でいきますよ!(なに宣言だよ!)

っていうか頑張りますよ、仕方ないから(消極的発奮)

それよりも早く実移動日を決めてくれないと困るんですけどね、課長!
[PR]

by Borusichi | 2005-07-30 01:26 | どうでもいい話

横浜 上大岡「SUNNY TAJ」にて

久しぶりの今日のカレー、そして久しぶりのインド料理店。
やはり、ハウスに言われるまでもなく夏はカレーの季節ですね。
b0029921_0453567.jpg

シンプルに一番安いAランチの野菜カレーセットをチョイス。味は普通(日本の辛口)ということだがそんなに辛くはなかったかも。夏だからか?
ドリンクはサービスでアイスチャイをセレクト。最後の方は氷が溶けて味が薄くなってしまってショック。夏だからか?
[PR]

by Borusichi | 2005-07-30 00:50 | おいしいカレーが食べたくて

揺れた話

いやぁ、揺れたねぇ!揺れた揺れた、我慢できずに揺れたっけ、てね。
震度5弱だって?たいしたもんだね刑事ゴジャックてなもんですよ。

・・・・・っていつの話だよ!!ネタが微妙に古いよ!あとダジャレもな。

まあそんなわけで夜勤明けで昼寝中だった私には何の被害もない状況だったのですが、世間的には結構な揺れだったようで。うちの会社とか前に住んでいた辺りとかはけっこう大きい震度が表示されていましたが、残念ながら会社は無事でしたな。
うちの方の震度は3ということで意外に普通って感じでちょっと拍子抜けって感じ。

それよりも昨日はうちが普段利用している駅で刃傷沙汰がありまして、犯人がまだ逃走中ということでそっちの方が気になります。
まったく物騒な世の中ですなぁ。くわばらくばらくわばたおはら。
[PR]

by Borusichi | 2005-07-26 13:04 | どうでもいい話

近況あるいは今日の出費

・今日、初めてドラマの「電車男」を見まして、多少驚いておりますボルシチです。
毎日暑いですね。そういえば例のNEWS騒動の余波で「がんばっていきまっしょい」の放送回数が一話減ってしまうそうです。残念ですね、っていうか個人的には「余計なことしやがって!」ていう感じですかね。もういい加減J事務所の呪縛から解き放たれてほしいです。

・そんなことはともかく、昨日我が家にもようやくプリンターがやってきました。
パソコンを購入してから早や数年、当初から欲しい欲しいと思っていたのですがいかんせん置く場所がないということで先送りになっていた物件であります。といっても今でも床面直置きですけどね。
どうせ買うなら良い物をということでスキャナー付ですよ、バンザーイ!スキャナーズバンザーイ!これで昔の写真なども管理しやすくなるってもんですよ(面倒くさくなければだけど)
早速焼きそばの写真をプリントしたりして楽しんでます。まあ何事も新しい物っていうのはいいもんですよねぇ。これからも頼むぜエプソン!

・そして今日は愛車:黒いオルフェ号を修理に出してきました。
以前から左右のドア部分に細かい擦り傷+目立つ傷数箇所+へこみ、バンパー部分のかなり大きな擦り傷があったのをほったらかして乗っていたのですが、車体の色が黒ということでかなり目立つんですなコレが。
でもまあ、「近いうち買い替えようかな」と思ってたし「走る分には問題ないし」ってことで目をつぶっていたのですが数日前にふと直す気になりまして。急遽ディーラーに持っていったわけです。
善は急げ!思い立ったが吉日!鉄は熱いうちに打て!料理は出来立てのうちに食え!ってこと。
しかし、修理代って高いですね・・・っていうかそのほとんどが塗装代だということに驚きました。
板金修理自体はそんなでもないのね、以外だわ。
予算の都合上傷全部直しという訳にはいきませんでしたが、とりあえず右半分だけはキレイにしてもらうということでアイフルのCMのお父さんみたいな感じでしょうか。

思っていたより広範囲の修理にしてしまったため当初の予算の倍近い額になってしまいました。これでしばらく車の買い替えも遠のきそうです。無念。そしてすまん我家の大蔵省(古っ!)
[PR]

by Borusichi | 2005-07-22 02:17 | どうでもいい話

美味しい焼きそばが食べたくて・・・夏

どうも、「肌は白いが腹黒い」ことボルシチです。

休日出勤の予定が急遽なくなりまして、暇つぶしに静岡県は富士宮市に行ってきたのです。

富士宮市は焼きそばで町おこしをしている所でして、「焼きそば学会」なるものを結成して全面的に焼きそばを押し出していこうとしているのであります。ですから街中にソースの匂いと鉄板の焼ける音が溢れているという凄まじさです。恐るべし富士宮市!

なぜ、富士宮=焼きそばという図式になったのか?細かい理由はありますがここでは割愛。
とりあえず麺と最後に振りかけるだし粉に特徴がある、とだけ言っておきましょう。
あと、富士山の地熱が鉄板を阿温めるのに丁度いいみたいですよ。

そんな訳で、学会側が発表している人気店ランキングをもとにお店を訪ねたのですが、目指したお店は臨時休業でした。まあよくある話よね。

で、その途中で見つけていたお店「おじまや」さんに入店。
b0029921_053943.jpg

一見すると駄菓子屋なのですが店内に鉄板があり、そこでお母さんが焼いてくれるというシステムです。元々がこういう駄菓子屋などで食べられていた物がルーツらしいのでまさにオールドスタイルというかトラディショナルスタイルということなのでしょう。
b0029921_0562997.jpg

焼きそば以外にもお好み焼きやおでん(これも静岡らしいところ)などがメニューにあります。
b0029921_0585166.jpg

今回は「しぐれ焼き」というメニューをチョイス。焼きそば入りのお好み焼きですな。

確かに、普通にお祭りの屋台などで食べるソース焼きそばとは一風変わった味わいでなかなか美味です。最後にかけるだし粉(かつおぶし?の粉末)の風味がかなり強いようですな。

このお店は近所の子供達や若い衆などがお昼やおやつに食べに来るようなお店でしたので、そんな庶民派な味がお好きな方は行ってみてはどうでしょう。他にもかなりの店があるようなので食べ比べも良いかもね。

その後
[PR]

by Borusichi | 2005-07-20 01:28 | こんなのみつけた

今さらながら「ヴァン・ヘルシング」&「恋の門」の巻

どうも、内メンバーです。

最近めっきり映画館へ通う回数が減りまして。
近所に映画館が無い(遠くて出かけるのが億劫)とかいつも会社帰りにレイトショーで見ていたのがそれをやっちゃうと電車が無くなって大変とか単純に時間が無いとか、理由はいろいろなのですが。
そんなわけで必然的に「映画を見る=レンタルで」という方向になるわけでして。とは言いながらも先日ようやく近所のビデオ屋に入会してきたのです。
この店、まだDVDよりはビデオテープが多いような所だし、作品の並べ方もちょっと探しにくいような配置なのですがそのラインナップはなかなかのもんでして。とりあえず「悪魔のいけにえ」をおいてあるような店なら信用できるでしょう。24時間営業というのも嬉しいところです。


さて、とりあえず第一号として借りてきたのが「ヴァン・ヘルシング」と「恋の門」であります。

「ヴァン・ヘルシング」は中世?を舞台にしたバンパイアハンター物。まあヘルシングといえば言わずと知れたドラキュラの名ライバルですよ。もちろん今作でも適役はドラキュラ伯爵様です。
その他にも狼男やフランケンシュタインズモンスターなどを登場させ一粒で何度でも美味しい的な作りを目指しているようであります。ただケイト・ベッキンセールは同じバンパイアハンター物なら「アンダーワールド」の時の方がかっこよかった(セクシーだった)よなと思ったり思わなかったり。
ヒュー・ジャックマンは・・・あれでしょ。ウルフマンの役をやらせたかっただけじゃないの?なんか毛深そうな感じだしさ。

「恋の門」は監督が松尾スズキ、つまり今人気の宮藤官九郎のお師匠さんにあたる人ということで小ネタとかでクスリとしたい人なんかにはよろしいのではないでしょうか。チョイ役で豪華ゲストが、というところも「やじきた」あたりと比較すると似た感じかもしれませんね。
個人的な感想としては”小島聖はエロい”ということと”酒井若菜はもっと肌を出せ”ということ、そして”松田龍平は腹から声を出せ!”ということくらいでしょうか。
龍平の声に合わせてテレビのボリュームを上げると他の人の台詞がやけに大きくなるんだよな、まったくよ。
[PR]

by Borusichi | 2005-07-18 14:24 | 映画について

もこみち

速水もこみち
「変な名前の俳優ランキング」にいきなりランクインした新星もこみち
しかも本名でもこみち
もこみち、それは不思議な響き

漢字で書くと猛虎道
なぜなら親が阪神ファン

横浜山手もこみち
大林宣彦のもこみち三部作
もこみちを行けばどうなるものか 迷わず行けよ 行けばわかるさ

最後に言いたいことは、もこみちと木目調は意外に似ている、ということ。ただそれだけ。ただそれだけ。
[PR]

by Borusichi | 2005-07-17 18:36 | 思いつき

どうなっちゃってんだよ!

警視庁渋谷署が5月20日に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いでミュージシャンの
岡村靖幸容疑者(39)を逮捕していたことが16日、分かった。

 調べでは、岡村容疑者は4月上旬、渋谷区内の路上を歩いていた際、挙動が不審
だったため署員が職務質問。その後、同署で薬物検査を受け陽性反応が出たため、
5月20日に東京都内の自宅マンションで逮捕された。同署によると、既に起訴されて
いるという。

 岡村容疑者は、1980年代中ごろから「Out of Blue」などの曲で、黒人音楽の
香りを日本のポップスとして表現し、人気者に。自身のアルバム「早熟」や、
歌手渡辺美里さんらへの曲の提供などで知られている。


まさにどうなっちゃってんだよ!岡村ちゃん!!
いけないことだろ!岡村ちゃん!!

「NEWSで酒飲んだの誰だよ」と思って調べてみりゃ・・・・なんとも衝撃的なNEWSだわ。
[PR]

by Borusichi | 2005-07-17 01:28 | ニュース

かげろう

今朝、通勤電車内の壁に一匹のかげろうがとまっているのを見かけた。
短いその命を有効に使うためより遠くへ行くことを選んだのか。

あるいはただ旅の途中で死んでいく道を選んだのかもしれぬ。
[PR]

by Borusichi | 2005-07-13 07:04 | どうでもいい話

周回遅れ

一時エキブロ内を駆け巡っていたミュージックバトンなるものがうちのところにも回ってきました。
なんだか、ひどく今さらなような気もしないではないのですがgucilogさんに「アンカーを務めないと玄関先に生肉を投げ込んでやる、毎日」と脅されてしまい・・・。
これからの季節に生肉は勘弁してほしいのでやむなく引き受けた次第であります。
他人の音楽の趣味に興味がないという御仁以外は読むがよろしい。
そうでなければ早々に立ち去るがよい!(何故か偉そう)

では・・・

1・Total volume of music files on my computer is...
(パソコンに入っている音楽ファイルの容量)
知らない。
なぜなら基本的にエロ画像とかしかファイルがないから。
あっ、そういえば何故かグウェン・ステファニーのPVがあったっけ。「チクタクチクタク・・・」言ってるやつ。タイトルは忘れたよ。

2.The last CD I bought was...
(最後に買った音楽CD)
・電気グルーヴ×スチャダラパー 「電気グルーヴとかスチャダラパー」
前回の感想を参照。
・COMMON 「Be」
カニエ・ウェスト色が強いですね。
・THE BLACK EYED PEAS 「Monkey Business」
猿でも解るとのコピーは納得。まあ、確かに解り易いやね。
・THE WHITE STRIPES 「Get Bhind Me Satan」
なんか、個人的にはイマイチなんだけど、なぜか買っちゃうんだよな、このバンド。

まったく雑食ですな。ところでパンダって雑食なんだって、知ってた?
笹ばっか食ってるイメージだったけど、肉とかも食べるらしいよ。

そんなことよりだれかナンバーガールの活動記録を俺に買ってください。

3.Song playing right now is....
(今聴いている曲)
外から聞こえてくるあひるの洗濯屋の歌。

4.Five songs(tunes) I listen to a lot or mean a lot to me are....
(良く聴く曲、または特別な思い入れのある曲5曲)

・筋肉少女帯 「踊るダメ人間」
世代的にバンドブームのど真中を通過してきた私ですが、なかでも心を捉えて離さなかったのはいわゆる「ナゴムレーベル」な人達でした。
屈折した思春期を送っていた私にはあまりにも真っ直ぐな青春パンクや群馬のヤンキーバンドの曲はまったく心に響かなかったのです。
かっこいい物に対する反抗心、というか正統派・王道に対してのアンチテーゼというか・・・。
まあ要はへそが曲がっていたんですけどね。
その点、「中学生時代、友人もおらず休み時間はいつも水飲み場で過ごしていた」という大槻ケンヂの存在にはシンパシーを覚えていたのでした。

で、そんなオーケン率いる筋少の数ある楽曲の中でも比較的わかりやすいところでこの曲を。

・東京パフォーマンスドールfeat市井由理 「おちゃめなジュリエット」
そんな学生時代を通過し、慣れない地で一人働きだした頃、とあるテレビ番組に出会いました。
その名は「サイバーミーム」。テレビ神奈川で一時期放送されていたいわゆるアイドル番組なのですがそのクールかつドラッギーな構成は一般のアイドル番組とは一線を画す作りでした。
そこでレギュラーを務めていたのが東京パフォーマンスドール(TPD)でした。
当時のメインメンバーは七人。他にも二軍と呼ばれるメンバーがおり、場合によっては入れ替えもあり。基本的にはライブハウスで公演を行い、テレビ等の露出は制限しいかにもアイドル的な活動はしない(これは次第になし崩しになっていったけど)。そのステージは歌あり踊りありで宝塚のレビューを彷彿させる・・・。
おそらく、つんく♂もモーニング娘。のプロデュースにあたって大いに参考にしたはずです。
そんな新しいアイドル像におよび番組にガツンとやられてしまった私なのです。今思い返せばまさに熱病に罹っていたかのようなはまりっぷりでした。初めてファンクラブというものにも入会しました。懐かしいなぁ・・・。

中でもとどめの一撃だったこの曲を。思えばラップをアイドル歌謡に初めて取り入れた曲かもしれんね。

・エレファントカシマシ 「孤独な旅人」
エレカシといえば一部で熱狂的なファンを持ちながらもそれがセールスには結びつかず一時はレコード会社からも首を切られるという不遇な時代を経験したバンドです。
そんな後に作られたアルバム「ココロに花を」はまさに起死回生というかエレカシここにありを示す名盤となりました。そんな中に収録されている一曲。他にも「悲しみの果て」や「四月の風」などの名曲揃いであり、「死んだら一緒に棺桶に入れてほしいアルバム」に常にランクインしております。
仕事をしていてもなんだか先が見えず、「ああ俺はこのまま一生一人で過ごしていくんだな・・・」などと黄昏ている時に聴いていて知らないうちに涙が零れていたこともあったっけ。

・電気グルーヴ 「N.O.」
電気に関しては音楽と言うよりも喋り、というかその「物事を面白がるセンス」みたいなものに大きく影響を受けてます(彼らもまたナゴムの系譜に連なるものですな)。
もともとかなりのラジオ大好きっ子だった私。電気グルーヴがオールナイトニッポンのパーソナリティーを務めていた時も熱心に聴いておりました(そういえば大槻ケンヂを知ったのもオールナイトニッポンだったな)。そのミュージシャンと思えぬ並外れた喋りのセンスはそこらのお笑い芸人を軽く凌ぐものでしたから、お笑い至上主義の私もガッツリやられていたわけです。
その番組中で今週のオススメとして毎週いろんなテクノの曲を流していたのですが、自分も含めそれによってテクノに開眼したという人も多いことでしょう。

そんなわけで彼らの代表曲を。

・スガシカオ 「黄金の月」
・・・・とまあつらつらと書いてきましたが、私基本的に歌詞よりも楽曲重視な人でして。
あんまり歌詞に感動してどうこう、というのがない人なのです。なので最近は歌詞の意味がよく解らない洋楽であるとか歌詞そのものがない曲とかを聴くことが多いのですが、例外的なのが奥田民生とスガシカオなんですな。この二人だけは歌詞重視で聴く数少ないミュージシャンなのです。なかでもスガシカオの男気かつ毒気溢れ、変態的でもある世界観は非常に面白く、時に悲しく切なく・・・。もっと男性に受けてほしいミュージシャンですよね。

そんな彼の初期の名曲を。
個人的には「ハッピーバースデー」とかも好きです。

5.Five people to whom I'll be passing the baton are...
(バトンを渡す5人の方)

さて、アンカーらしくゴールテープは切れているだろうか?
あの子、僕がロングシュート決めたらどんな顔をするだろうか?
あのころの未来に僕らは立っているのだろうか?
果たして面白いことを一つも書かずにいるこの文章が許されるのだろうか?

そんなわけでこれにてお終いってことで皆さんよろしいですね?
[PR]

by Borusichi | 2005-07-12 13:48 | 思いつき