ハロー!妄ニング。


なんとか生きながらえてます
by Borusichi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
注意!
基本的に本人の意識とは無関係に記述されるいわば自動書記です。

実在する個人・団体に関連する内容が書かれていても真に受けないことをお勧めします。
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
ヨコハマ大道芸2006/..
from 国境の南
wind mp3
from Hamer Sophie
mp3 rock music
from Silvia Maggior..
downloads
from Lillie Rage
whistle song..
from Peter Glelchmann
software to ..
from Venna
22moscow mus..
from Lars Goran Olo..
mp3 song to ..
from Esa Isotupa
the beatles ..
from Edith Doswald
up where we ..
from Oliver Fay
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


ちっちゃい男

映画公開に待った 人気マンガ「クロマティ高校」 クロマティさん「名前使うな」

 七月に公開予定の映画「魁(さきがけ)!!クロマティ高校THE★MOVIE」のタイトルに勝手に名前が使われているなどとして、プロ野球元巨人のウォーレン・クロマティさんが二十九日午後、配給会社のメディア・スーツ(東京)に対し、公開の差し止めを求める仮処分を東京地裁に申請することが分かった。
 代理人によると、クロマティさんは現在米国在住で、独立リーグ「サムライベアーズ」の監督を務めている。「青少年のために活動しているのに、自分の名前が不良高校の名前に使われており、憤りを感じる」などと話しているという。
 「魁!!クロマティ高校」は野中英次さんの人気ギャグ漫画で、不良高校を舞台に個性的なキャラクターが登場する。七月二十三日に実写版の映画公開が予定されている。
 クロマティさんは昭和五十九年に外野手として、巨人に入団。平成元年にはMVPを獲得するなど、二年に退団するまで、通算打率三割二分一厘、百七十一本塁打を記録するなど、主軸打者として活躍した。
 メディア・スーツの話「担当者がおらずコメントできない」
(産経新聞) - 6月29日14時59分更新


意外に狭い懐をさらしてしまったな、クロ。
っていうか今さらかよ!!もう何年連載してんだよ!!
[PR]

by Borusichi | 2005-06-29 15:55 | ニュース

カレーのBGM

ヤフーニュースより発見。
2005年6月27日(月)
あの音楽をご自宅で!V.A.『インドカレー屋のBGM』登場!(CDジャーナル)
 食欲不振、やる気が出ない、どうにもダルい、お金がない……。猛暑の予感ビンビンの2005年、数々の季節病に悩まされるアナタにぜひとも聴いて頂きたい逸品がリリース決定! 日本人の食卓には欠かせないソウル・フード“カレー”のスパイシーな魅力を収めたV.A.『インドカレー屋のBGM』(VICL-61685 \2,300(税込))が7月21日にビクターより発売されます。

 たまには外で……何て気持ちで入った町のインドカレー屋。刺激的な香辛料の香り、ひたすら並んでいるゾウの置物、どことなく薄暗いインテリア、そして流れる怪しげなBGM! 全国どこのお店に行っても流れているあの摩訶不思議BGMの正体が今明らかに。曲名&アーティスト名を見ても何のことやらサッパリですが、一度聴けばご納得のはず。封入されている特別ロング対談“大槻ケンヂ×宮沢章夫「カレーの魅力について」”に加え、初回特典として“横濱カレーミュージアム100円割引券”も付いてくるなど、ついついお腹もペッコリしてしまう内容の充実度。『美味しんぼ』『ミスター味っ子II』『クッキングパパ』を読みつつむさぼり喰うのも結構ですが、これさえあればどんなカレーも本場の味!ぜひお試しを。




買うしかねえ!!
[PR]

by Borusichi | 2005-06-28 09:21 | おいしいカレーが食べたくて

今日の日記

・先日とあるパン屋に行きましたところ、レジ打ちの店員さんがなんともお声が小さいといいますか、元気が無いといいますか、買ったばかりのパンを差し出して「これ食って元気出せ!」と言いたくなるような女子だったわけです。
どうやらそのお店の店員さんは名札に今月の目標とかモットーとかそんなものが書いてありまして、その女の子の名札には「元気を出す」としっかり書かれておりました。

守れてないよ!もっと頑張って!

・昨日、念願のソファが届きまして。夫婦二人で座ればいいものを横になりたいが為に席の取り合いでございます。
そんな最中、ソファの裏面(底の部分)に張ってある布に破れというかほつれというかそういうのを見つけまして。俺的には「安くしてもらったんだし、どうせ見えない部分なんだからいいんじゃないの?」と思ったのですがワイフ的にはどうも気に入らないと。

で、担当者に来てもらって見せたはいいけど結局「そのままでも大丈夫ですよ」という結果に。
わざわざ来てもらったのに申し訳ない!どうもうちのワイフは心配性に過ぎるところがある人で、慎重なのはいいけれどできればもう少しどっしり構えてもらいたいのだが。

でもソファ最高!

・今日の「アメトーク」のゲスト三人長州、この企画を通した冒険力に僕は拍手を贈りたい。
[PR]

by Borusichi | 2005-06-28 02:09 | どうでもいい話

バレー&プロレスの話

「あれぇ、TOKIOの国分太一君ずいぶんバレーボールが上手ですね」
「私、全日本女子の高橋です。」

というわけでどうもこんにちは。ボルシチ カンフー ジェネレーションです。
皆さん見てますか?女子バレー。先日は見事に韓国にストレート勝ちでしたな。
素晴らしい!

私、実は軽く「デカ女フェチ」でして(女刑事とは違う意味で)当然女子バレーもチェックしておるわけです。もちろん日本の勝利を願いつつですよ。

個人的には大友愛とか宝来真紀子のような体つき好みなのです(あとああいう薄めな顔の造作も好き)が、今回そんな大女好きの私の心すらを捉えて離さなかったのはフジTV曰く「攻守に輝くかおる姫」こと菅山かおる選手です。
身長こそ169cmとそんなに大型の選手ではないのですがその活躍そして色白美人っぷり!は素晴らしいですな。引退後は益子さんの後をついでスポーツキャスターとして誘われることまちがいないでしょう。
ただフジTVの選手に対するコピーはダサいよ。


で、先日深夜には坂口憲ニ親子がアメリカのプロレス業界を訪れる「僕の中のリング」を見まして。
俳優でありながら果敢にアメリカンレスリング界に触れようとしていく憲二に対し俺の中の好感度はかなりアップ!でした。彼の体内には確実に征二の血が流れているのだね。
今頃ゴッチ式トレーニングでばんばん鍛えていることでしょう。あと英語ができる(通訳いらずで意思の疎通ができる)という点でもかなり見る側にとってもストレスがない感じになっていたように感じます。
番組全体の作りもなんか「プロレスLOVE」を感じられる出来でよかったと思いますよ、俺は。

しかしカール・ゴッチはすげえわ。やっぱ神様だなぁと納得。
[PR]

by Borusichi | 2005-06-26 14:37 | どうでもいい話

今週のあれやこれや

★映画の公開に合わせて「逆境ナイン」の原作コミックを購入、再読する。
昔、たしか月刊キャプテンで連載されていた時にも読んでいたが改めて全話通して読んでみるとその名台詞・名調子にクラクラきます。特に「やる気パルス」のくだりとか。
萌え系コミックの反対が燃え系だとするならばやはり島本和彦はその代表ということになるのだろう。
しかし、あんなあっさりした終わり方だったっけ?という意外な再発見もあり。

★文庫版の「ジョジョの奇妙な冒険第五部」もまとめて購入。連載時では四部以後はちょっと飽きたなぁと思いながら読んでいた記憶があるが、やはり改めて通して読んでみると再発見があるもので、四部にしろ五部にしろホラーなタッチの部分が意外と多いというのに気が付いた。
特に五部はメインキャラ達がやたらと血を流している印象がある。やはり舞台がイタリアというこでルチオ・フルチやマリオ・ヴァーバなどのイタリアンホラーを意識しているのだろうか(多分考えすぎ)。まあ怪我を治す能力というのがあると多少無茶な展開でもあとでどうにでもできるし、というところもあるんだろうな。

★某週刊誌のグラビアで知念里奈のセクシーショットを鑑賞。
「ああ知念ちゃんもこっちにいくのね・・・」という微妙な心持ちを味わう。そういえば八反安未果もセクシーグラビアで最近週刊誌に載ってたっけ。
そういえばあのころ出てきた娘達で今それなりに活躍してるのって、そんなにいないな・・・と寂しくなったりならなかったり。

★新型新幹線の「ファステック」はカッコイイなぁ。久しぶりに未来を感じるデザインだわ。
しかもあの猫耳!かっこよさ+かわいさでオタクのハートを鷲掴みですな。
[PR]

by Borusichi | 2005-06-25 01:01 | どうでもいい話

車庫証明のはなし

イタリアでのタイガーマスク人気を微笑ましく見つめる男、それが俺です。
なんだか昭和な匂いを感じて少し嬉しかったのです。

そんなことはさておき、先日陸運局に行ってきたのです。
自動車の住所変更の手続きってやつですよ。

この自動車関連の手続きってのが面倒くさいもんでしてね。
住所変更に関して言えば、まず所轄の警察署に行って書類に記入して、自分ちの駐車場の地図やらを添えて提出し、数日待って証明書を受け取りに行き、それを持って陸運局に行きまた必要書類に記入して提出すると。まあ文章で書くとこの程度のことですけどね。

これが実際に必要なものを揃えたり何度もあちこち行ったり来たり、しかも家から陸運局までなんて結構な距離があるわけですよ。
でまあ、相手も役所ですから平日しかやってないわけでね。
こっちだって平日にわざわざ時間を作って行くのも大変だっつうの!
それでいてその車庫証明を取るのに結構な料金を取りやがんのな、警察!
なんかぼろ儲けだよなって感じですよ。陸運局でもまた何百円とかかかるし。

で、やっとの思いで書類を持っていきゃ「こことここが抜けてるんで書き直して持ってきてください」とか「これじゃダメなんで警察署に行ってからもう一度来てくださいとか」
もうなんか、アレだ、なんつうかメンドクセ!!

っていうかですよ、あの陸運局のシステムはもうちょっと簡略化というかハイテク化できるんじゃないのだろうか?と以前から思っているのですがどうなんでしょ?どうも受付の仕方からしてやり方が古いような気がしているのです。つうか警察署で全部できるようにしろ、コノヤロー!
それとも各都道府県によってやり方が違っていて神奈川県が遅れているだけなのか?


まあ、ただひとつ許せるのは陸運局の受付のお姐さんが結構好きなタイプだったので冷たい仕打ちをされても苦ではなかったこと(できればもっと強く罵ってほしかったくらいに)でしょうか。
[PR]

by Borusichi | 2005-06-19 23:58 | ぼやき

ファニチャーなはなし

なんか、せっかくM・J(みうらじゅんではないほう)の話題で一筆書こうかと思ったらメンテがずいぶん長くて完全にタイミングを逸してしまいました。ボルシチ氏です。

で、マイケルとは全く関係のないはなしなのですが、最近家具屋巡りなんぞをよくしておるわけです。
新居に引越しをしたのはいいのですがやはり家具がいまひとつ揃ってはいない、なおかつ部屋中にダンボールが転がっていていつまでも片付かない。
ここは思い切って先にダイニングテーブルだとかを購入してしまえば嫌でもこのダンボール連中を片付けなくてはいけなくなるだろ!という目論見もありまして、まあ休みのたびに何軒か覗いてみたわけですな。

それまで家具なんて物にはそんなに興味とかありませんでしたからせいぜい見に行ったとしてもニトリとか、いわゆるホームセンター系のお店ばかりだったもんで家具のお値段なんてピンとこない感じだったのですが、まあ改めて見てみるとスゴイもんですな!
そりゃまあ物によってピンからキリまでではあるのでしょうがお高いやつはとことんお高いもんで。おじさんビックリしてオシッコ漏れちゃいましたよ。

先日行ったところは横浜・みなとみらいに大きなショールームを持つ有名店でして、中を見るのに入り口で受付をしないと入れないというようなスタイルなんですな。こういうところからしてセレブな感じですよ。
で、初来店の人だけなのか解りませんが案内の人がずっと付っきりで色々説明してくれるという感じでして。良く言えば親切、悪く言えば邪魔で落ち着かないという。
それが案内してくれる時も最初にデザイナーズ家具とかアンティークなやつとかの高級な部類から見せてくれるわけですよ!「このソファはマドンナも持ってるんですよ」とか「このメーカーはベッカムが・・・」とか言いながらね。

俺が思うにあれはやはり「つかみ」としての作戦なんじゃないかな。ああいうインパクトで客のハートを揺さぶるわけですよ。一種のエンターテイメントというかアミューズメントというかそんな感じを受けましたね。

基本的にはMONOマガジンとかグッズプレスとかその手の雑誌は大好きな私ですから、色々見ていくうちにやはり物欲がちくちく刺激されていくわけでして。
かといってやはりデザインが良いものとかになるとン十万~百ン十万クラスのお値段になるわけでおいそれとは手は出ないのですが、家具にハマる人の心理が理解できかけてきた今日この頃なのであります。
あれは「お金と置く場所があるなら・・・」という気にさせるサムシングがあるな、うん。

そんなわけでなけなしのお金をはたいてソファを購入してしまいましたとさ。
座り心地が良い上に革に皺が入ってしまったということでアウトレットみたいな価格に割引してあったので思い切ってしまいました。
あと名前が「ソファ ローレン」という往年の大女優の名前のシャレみたいだったのもポイントです。




あれ、ダイニングテーブルは?
[PR]

by Borusichi | 2005-06-19 18:04 | どうでもいい話

劇場版仮面ライダー響鬼のはなし

Excite エキサイト : 芸能ニュース

いい年こいたオッサンがまた仮面ライダーの話かよ!と思われるかもしれませんが、懲りずにいきますよ。何故ならそれが俺の響だから!

そもそもエキサイトニュースにこういう記事が載るからには触れないわけにはいかないというものですよ!

で、今年の劇場版仮面ライダーですがやはり作品のテーマが「和」でありライダーのモチーフが「鬼」ということですから時代劇という選択はまあ納得かな、というのが個人的な感想。
劇場版はあくまで番外編として作り、本編とのリンクは最小限にしてもらった方が劇場版を見ることができない人たちにとってもありがたい措置だと思うし。
ぜひ里見八犬伝とかくのいち忍法帳とかのぶっとび伝奇時代劇として名を残すように頑張ってもらいたいものです。

さて問題のご当地ライダーですが・・・・
この様子だと埼玉の白獅子はいいとして広島は鯉、横浜は星、千葉は海神様という強いんだかなんだかわからない状況になるわけですが、当然各都道府県に球団などがあるわけではなくまたその他のモチーフを用いるにしてもかなりのバラつきが生じることになるが予想されます。

秋田のなまはげくらいならいいでしょう。元が鬼っぽいし。違和感なしですよ。
香川あたりならまあ「さぬ鬼」みたいなダジャレでお茶を濁すこともできましょうよ。
石川だったら漆鬼かな。つうかダジャレばっかだな。

でもねえ・・・・栃木は餃子?青森はりんご?鳥取は砂丘?砂とか敵にかけちゃう?それじゃ砂かけ婆で敵側になっちゃうしなぁ。
これじゃハズレの県に住んでいるちびっ子たちはガックリきちゃうよな・・・っていうかハズレとか言うな!失礼だぞ、俺!!

とまあ要らぬ心配をしながらも期待しています。ぜひフルオーケストラで清めの音をぶちこんでください!
[PR]

by Borusichi | 2005-06-13 17:46 | 映画について

乳シティですよ。

中国新聞地域ニュース
新おっぱい都市宣言採択へ 光市 '05/6/8

--------------------------------------------------------------------------------

 光市議会で、新「おっぱい都市宣言」を採択する動きが出ている。昨年十月の合併に伴い、全国的に注目を集めた旧光市の宣言が失効したためだ。「おっぱいという胸のぬくもりの中で、子どもをしっかりと抱き」との一文を加え、早ければ今月中に採択される。



なんですか、八月上旬には「おっぱいまつり」なるものも開催されるようですよ。
夢が膨らみますなぁ・・・!
[PR]

by Borusichi | 2005-06-09 22:50 | ニュース

若くて貴い話

うちにもね、弟が一人おりましてね。
まあ年が五つほど離れているせいか、それともずいぶん長いこと離れたところで生活しているせいか解りませんがそんなに仲が悪いということもなくて。
それでもやはり同じ部屋で暮らしていたころは「こいつぶん殴ろうかな」なんてことを思ったりもしたもんですよ。そりゃ兄弟ってのはそんなもんでしょ。

兄貴にしてみれば自分より出来が良かった弟に対してのコンプレックスみたいのもあるかもしれないし、弟側には部屋を継いだ身としての責任感みたいのもあるだろうし。
(別にワイドショーやゴシップ誌を隅々まで追っかけているわけじゃないですからどんな確執があるのかは知りませんけどね。まあ遺産がらみとかなんでしょ?)


とにかくあれだ。古来より男ってもんは拳で語り合うもんですよ。
夕暮れ時、どこかの河原で納得いくまで殴り合って、両者KOかなんかの後に
「コージ、お前強くなったな」
「へっ、兄ちゃんこそ。やっぱ兄ちゃんにはかなわねえや!」
「ははは」
「ははは」
的な感じで勝負ありにしてはいかがでしょうか?


もしくはゴチャゴチャ言わんとどっちが強いか相撲で決着つけんかい!!
[PR]

by Borusichi | 2005-06-09 21:54 | 文化・芸能