ハロー!妄ニング。


なんとか生きながらえてます
by Borusichi
注意!
基本的に本人の意識とは無関係に記述されるいわば自動書記です。

実在する個人・団体に関連する内容が書かれていても真に受けないことをお勧めします。
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
ヨコハマ大道芸2006/..
from 国境の南
wind mp3
from Hamer Sophie
mp3 rock music
from Silvia Maggior..
downloads
from Lillie Rage
whistle song..
from Peter Glelchmann
software to ..
from Venna
22moscow mus..
from Lars Goran Olo..
mp3 song to ..
from Esa Isotupa
the beatles ..
from Edith Doswald
up where we ..
from Oliver Fay
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧


那須博之監督死去

Excite エキサイト : 芸能ニュース
あの、近年稀に見る珍作の呼び声高い「デビルマン」を監督した人ですよ。

まあ、一部では「悪魔の呪いだ!」とか「アレが遺作だなんて・・・」という声もあがっているようですが・・・個人的にはデビルマンは未見なのでノーコメント。

もしかすると、高まる非難の声に耐え切れに死んだことにして身を隠したのかも・・・?なんてことを妄想してみた。
[PR]

by Borusichi | 2005-02-28 12:00 | 映画について

美or理

きてるきてる、きてるよー!花粉の奴らが群れをなして襲ってくるよー!
そんな夢を見ました、暴流死血です。

今日、久しぶりに髪を切ってきたのですよ。この時期は髪を短めにしておかないと花粉が髪に絡んで面倒なことになるものですから。

ところで、世の男性の皆様は髪を切りに行く時は理髪店と美容室どちらに行く人がおおいのでしょうかね?ちなみに私はこの数年は美容室を利用しているのですが、その前は理髪店いわゆる町の普通の床屋さんに通っておりました。

新しい街に引っ越したり、住環境が変わったりすると何が一番困るかというと、新しく馴染みの店を見つけること、そしてその最たるものが病院と美容院だと思うのです。やはり、”腕”がものをいう仕事ですからね。下手なところにかかってしまうと後が大変なわけですよ。

私、数年前に転勤で静岡県は富士市から現在の横浜市へやって来ましてね(まあ、富士市の前も横浜に住んでいたんですけども)。そうなるとまあ、前に通っていた床屋に行くのもなんだかなあ、と思ったわけですよ。どうせならなんか新しい所、というかバリエーションのない床屋のオッサンの所に行くよりは別の所にしようかなと。

で、それなら思い切って今まで未踏の地だった美容院、それも思いっきり小ジャレた感じの今風な所、それこそカリスマなんちゃらがいそうな所がいいなと思ったわけですよ。
なんていうの、全然そぐわないところに身を置く事によって自らを鍛えるというか、新しい世界で見聞を広めるためというかね。いわば冒険感覚、開拓精神ですよ。
それと「俺はなんでこんなところに・・・」という場違い感を楽しむというマゾッ気ね。

あとはまあ「どうせ髪の毛を洗ってもらったりいじってもらうなら女性の方がいいよな」というちょっとしたスケベ心。これ大事ね。

でもまあ、一月か二月に一度のペースですが若い女性と小一時間他愛の無いことではあるけども話をして、いろいろ情報を仕入れたりするのは貴重な時間なわけですよ。
また担当の美容師さんが可愛いんだわこれが。


いくつになってもチャレンジスピリッツとスケベ心を忘れない、そんな男でありたいと思っているこの私なのです。

へんなまとめ。
[PR]

by Borusichi | 2005-02-25 22:30 | どうでもいい話

オシャレホームレス

ホームレスに海賊品ブランド服を支給 韓国 | Excite エキサイト
どうも、生意気なボディことボルです。
韓国でホームレスの皆さんにバッタもんのブランド品を支給したんだって。もちろん元メーカーの許可を得て。いいじゃない、リサイクル。無駄がないっていうの?物を粗末にしないって感じ?
なんか、普通に稼いでいるオジサンが休日にしている格好よりは確実にオシャレなんでしょうねぇ。


こんな話だけではなんなので最近の気になること

1.中ノ森バンド・・・・・最近よく耳にする「アメリカン・ガール・ロック(そんな言葉があるかは知らないけど)風」の曲で売り出し中のガールバンド。曲は良いけどバンド名が思い切った感じなのが新鮮ですね。まあ、ボン・ジョビみたいなもんなんだろうけど。中ノ森さん以外のメンバーの心境やいかに。

2.ディアゴスティーニの新シリーズは「X-FILES」・・・・・エ~!今さらXファイルって!?いくらDVD付とはいえ、ちょっと無茶なんじゃないの~!?とはいいつつもちょっと欲しいかも。でも買わないかも。ディアゴの本は場所をとるので困ります。


今日は春一番が吹いたということで温かいですな。
しかし、明日はまた気温が下がるということなので体調を崩さないようにしたいところです。
といっても、今日は夜まで部屋から出ないのであんまり関係ないけどね。
[PR]

by Borusichi | 2005-02-23 13:06 | どうでもいい話

のぶよ さらば

どうも、乾燥肌ことボルシチです。
こんなニュース記事を見つけました。

「大山ドラえもん」最終回は3月18日

 テレビ朝日は21日、4月改編を発表し、リニューアルする人気アニメ「ドラえもん」の声優陣がほぼ内定したことを明らかにした。大山のぶ代がドラえもんの声を務めるのは3月18日放送の「ドラえもん1時間スペシャル(仮)」まで。以降は新体制での放送。声優陣の名前については、今後発表されるが、同局によれば「リニューアルといっても、声は似ている人を選んだ」と説明した

いよいよ時は来たれり、そんな感じでしょうか。
あのおなじみの濁声ともお別れなのですね・・・。
いまだに次のキャストは発表されてはいないようですが(2/22現在)、似ている声の人って誰になるんでしょうねぇ。大山倍達とかかなぁ?

なんとなく間がもたない感じなので・・・
~さんざんあちこちで既出だろうネタシリーズ~

・「ホリエもーん、ジャイアンにいじめられたよー」
 「はい、百億え~ん!」

・「ホリエもーん、燃えるような恋がしたいよー」
 「はい、百億え~ん!」

・「ホリエもーん、役に立つポータルサイトを教えてよー」
 「はい、ライブドアー!」
 「いや、ヤフーでいいよ・・・」
[PR]

by Borusichi | 2005-02-22 23:35 | 文化・芸能

さよなら日劇

Excite エキサイト : 芸能ニュース
日本アカデミー賞が発表された2月18日、奇しくもこの日に横浜の一つの映画館の歴史にピリオドが打たれました。
「名探偵濱マイク」シリーズの舞台ともなった黄金町・日劇が閉館することとなったのです。(同時に系列のシネマ・ジャック&ベティも閉館)
濱マイクシリーズの劇場公開時は「やっぱり現地で見ねばダメだろ!」との思いで足を運んだものですよ。他にも思い出のある劇場でした。
あのなんとも言えない黄金町界隈の猥雑な感じの中に佇む建物の雰囲気がいい味を出していて、横浜の映画界のシンボルだったといっても間違いないところでしょう。

とはいえ、ここ数年は私自身日劇に通うこともなくって、たまに前を通り過ぎるくらいなもんでしたが。(ジャック&ベティの特集上映とかの方にはちょいちょい行くこともあったけど)

まあ、そんな私が今頃になってのこのこ出向くのもなんだなぁと思いましてあえて最終日に行くことはしませんでした。松竹も東宝会館もオデオン座も、思い出は心の中のスクリーンに・・・

日本ではシネコン台頭のせいで「スクリーン」の数は増えていますが「映画館」の数は減っています。シネコンも利用している以上その状況をとやかく言うことはできない立場ですがやはりなじみの映画館が消えていくのは寂しいですね。
[PR]

by Borusichi | 2005-02-20 00:12 | 映画について

PEИCK

auから新製品PEИCKが発売されるのです。
今日、某電気屋でモックを見てきたのですが・・・いいですなあ。マジ欲しいです、コレ。

この蒸着塗装による銀メッキ具合。あえてサブ画面等を一切排した球面デザイン。一見しただけでは携帯電話だとは絶対思われないはず。オシャレだよねえ。アンチオシャレ主義を掲げる私ですがこれは魅かれます。

まあ、携帯電話としての使い勝手はどうなんだと言われれば正直「?」なところもあるのかもしれませんが(実際使用したわけじゃないけどね)特にauデザインプロジェクトの製品はある意味手軽に買える芸術作品的なところもあるのでね。機能は二の次ってもんですよ。それが心意気ってもんですよ!

いやあ、欲しいなぁ・・・
[PR]

by Borusichi | 2005-02-18 21:24 | こんなのみつけた

祝・世界進出「THE JUON」の巻き

大変だ大変だ!あびる優が大変だ!
同じ盗みでもなっち以上の大泥棒ッぷりに世の中も大騒ぎですな。
しかし、ホリプロは定期的に素行不良な娘さんを雇いますなぁ。
なんとなくこのまま謹慎→復帰するも仕事激減→ひっそり引退・・・みたいな感じになると予想しますがいかがか?

さて大変なことといいますと、今回の作品「THE JUON」ですが日本人監督作品によるハリウッド興行成績順位一位獲得という快挙を成し遂げた逸品なのですよ。

監督の清水崇氏はビデオ版・劇場版と一貫して呪怨シリーズを手がけてきたMr.呪怨なわけでして、しかもビデオ版も劇場版(特に1の方)も基本的な構成は同じということでさすがに同じ事を何度も繰り返してやっていれば、そりゃスキルも上がるよなってなもんですよ。

さらにアメリカ向けに作っているとなればある程度解りやすくしなければいけないわけで、そうなれば日本人のお客さんにとっても解りやすく、その分怖いシーンにも集中できるということでとっつきやすい作品になっているというわけですな(いかんせん今までの呪怨シリーズは時系列が飛び飛びで、つながりが解り難いという構成になっている)
その結果客も入ってお金も儲けられたなら言うこと無しだよね。


ただまあ、シリーズを最初から見ている人間にとってはさすがに新鮮味に欠けるよなぁ、というのも正直な感想であるというのは間違いないのでした。やってることは毎回同じだからね。
[PR]

by Borusichi | 2005-02-18 20:55 | 映画について

初めてのフライフィッシング

今までやった釣りの回数は三回。海釣り二回にわかさぎ一回、いづれも途中で飽きらかして「もう、俺には釣りは向いてねえ!!」と竿を放り投げてから早や6~7年。まさかこんな私が「釣りって楽しいなあ」と思う日が来るとは夢には思いませんでした、ボルシチです。

今日は早朝3時半に起きまして、横浜から御殿場の東山湖フィッシングエリアに向け出発。天気予報では晴れのとのことでしたが、山の天気は変わりやすいとの言葉通りに御殿場に着く頃には雨が降り出しまして。
かといって一度来ちゃったからには帰るわけにはいかねえぞ、ということで6時から昼の一時半まで雨・霧・そして寒さの中ずっと釣り糸を垂れていたわけです。

なにせ、こちらは超初心者。道具も何にも持っていないので一緒に行った友人にフライフィッシングの道具を借りまして初挑戦でございます。フライフィッシングとは餌の代わりにフライと呼ばれる虫に似せた疑似餌を使いまして釣りをするというものでございます。昔見た映画「リバー・ランズ・スル・ーイット」という作品の影響でちょっと興味はありつつも、その専門性の高さからなかなか手を出せずにいたものです。
どうも普通のルアーフィッシングなどに比べて通っぽいというかマニアックというか、いかにも「趣味の世界」といった風情のあるスタイルなのです(個人的な感想ですが)

まあ今回はその面倒くさい糸の結びだとかは人任せだったもんで、あとはフライ独特の投げ方の練習を兼ねつつ釣りを楽しんだ次第であります。管理釣り場ということもあり釣果のほうもまずまずだったため飽きが来なかったというのも楽しめた一因でしょう。第一投目で今回の一番の大物(60cmくらいのニジマス)を釣り上げたというビギナーズラックもまた大きいですな。写真を撮るつもりだったのですが雨が降っていたため後回しにしているうちにすっかり忘れてしまいましたよ、残念。

しかしこうなると、なんか安いやつでいいんでビギナー用のフライセットでも買おうかな・・・なんて、調子に乗って考えたりしちゃったりなんかしちゃったりして。

ただ問題は、一人暮らしじゃそんなに量は食えない、ということと魚をさばけないということでしょうか。結局、自分の取り分は全部彼女の家にあげてしまいました。なんともはや・・・

でもまあ、老後の楽しみの一つとしての候補が増えたのはいいことだな、うん。
[PR]

by Borusichi | 2005-02-18 01:19 | 初めての○○

新子安駅前C.C.STAZIONEのビーフカレー

b0029921_14275478.jpg

横浜では”カレーで街おこし”と銘打って市内の店100店を「ハマカレー」の店として選出しているわけですが、うちの近所にその一店があるとは最近まで知らなかったこの俺さ。
(ちなみにこの100店制覇が当面の目標)
店構えからして絶対レトルト系の安いカレーなんだろうと思っていたのですが侮りがたし。
結構スパイシーな感じではあったけど、まあ普通の喫茶店のカレーって印象かな。
[PR]

by Borusichi | 2005-02-16 14:36 | おいしいカレーが食べたくて

月曜日、指輪を買いにいく。

どうも、ゲーム脳です。
いやあ、昨夜は揺れましたねぇ。「乙女心かよ!」っていうくらい揺れてましたね。
うちは昨日は夜勤だったもんで会社で仮眠を取っていたところだったのですが、すっかり目が覚めてしまいましたよ。会社で大地震にあって帰れなくなるとか、ほんと勘弁していただきたいですなぁ。

さて、去る14日・バレンタインダイに彼女からチョコを貰ったお返しと言ってはなんですが、ようやく彼女に対して婚約指輪を買ってあげることができまして。(まあ、値段とかそういう野暮なことは聞くなや)
今まで何度も「早く買いに行こうぜぇ」って話はしていたのですがなんやかんやで機会を逸していたのですよ。
何事も一つ一つ片付けていかないとスッキリしない正確の私としては、ようやく次のステップに進めるといった心境です。
しかし、両家の顔合わせも無事終わり、どうやらその会をもって結納代わりとなりそうな空気でもあるので(もう、そんな本格的なのはする気無くなったっす・・・)後は籍を入れて、引越しして、挙式して・・・って感じなんですかね。

挙式に関しては、はじめやらないつもりでいたのですよ。なんせ友人もいないし、会社の人なんか呼び出したら限がないし、田舎から親戚を呼ぶとなるとお金もかかるしね。なによりそういうセレモニー的な事が嫌いなんです。
でもねぇ、向こうのお父さんの口ぶりなんかを見ていると「ああ、やっぱり楽しみにしてたのかな・・・」という感じなもんでねぇ。そりゃそうだよねぇ。

あと、「おばあちゃん孝行」って言われちゃうとダメね。

うちの祖母は寝たきり、しかも意識がほとんど無いような状態なもので式には呼べないのですよ。自分は結構おばあちゃんっ子で「晴れ姿を見せらず悪いことしたなあ・・・」という思いがあるものですから、向こうのお祖母さんが元気なうちに孫娘の花嫁姿を見せてあげるのがやはりいいのかなぁ、と。そう考えちゃうとやらざるを得ないよね。
まあ、式を挙げるにしても身内だけ、披露宴というよりは食事会って感じになるでしょう。というか、なんとしてもそうします。

個人的には今年の秋冬くらいに入籍すりゃいいかな、とか考えていたのですがそれもどうやら半年くらい、もしかするともっと早まりそうな気配です。

なんか、いよいよって感じですなぁ。
AVとか処分しないとなぁ。
(なんちゅう〆だよ)
[PR]

by Borusichi | 2005-02-16 14:25 | どうでもいい話