ハロー!妄ニング。


なんとか生きながらえてます
by Borusichi
注意!
基本的に本人の意識とは無関係に記述されるいわば自動書記です。

実在する個人・団体に関連する内容が書かれていても真に受けないことをお勧めします。
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
ヨコハマ大道芸2006/..
from 国境の南
wind mp3
from Hamer Sophie
mp3 rock music
from Silvia Maggior..
downloads
from Lillie Rage
whistle song..
from Peter Glelchmann
software to ..
from Venna
22moscow mus..
from Lars Goran Olo..
mp3 song to ..
from Esa Isotupa
the beatles ..
from Edith Doswald
up where we ..
from Oliver Fay
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2004年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧


ビデオで「クリーン・シェーブン」「エル・トポ」を見る

先日懸賞で「スカイキャプテン」のチケットが当たりました。捨てる神ありゃ拾う神ありだなぁ。
そんなボルです。

さて休日ですが風邪引いてお外に出たくない、そんな時は?そうだビデオ借りてたじゃん!!ということで見たのがこの二本でした・・・

「クリーン・シェーブン」
精神の病を持った男が施設を抜け出す。目的は別れた娘に会うこと。しかし彼の道行きには少女の死体が転がる・・・彼を追う刑事。そしてついに彼は娘を見つけ出す・・・

かなり昔の作品ですから、今となってはありふれたテーマでもありもっと強烈な作品もあるのですが当時はその不穏な空気感(音の使い方がイヤ)とところどころに挿入される「痛っ!!」な描写でちょっと話題になったものですよ、たしか。
まあ、男が実際に殺人を犯したのかどうかも不明のままですし、追う側の刑事もなんとなく挙動不審ということで結局何がどうなってどう決着ついたのか解らないまま終わっちゃいました。まあこの手の作品のはしりということで多めに見るとしましょう。

「エル・トポ」
砂漠を旅する黒衣のガンマン。彼の行く手には最強の四人の拳銃使い。そして砂漠は血に染まる・・・

と、書くとなんだか格好いいけどまあカルト監督の異名を持つアレハンドロ・ホドロフスキー監督の作品ですから、正直まったくもって訳がわかりません。ストーリー的にはこの程度にしか説明できない内容です。
宗教的なのか、哲学なのか、前衛的なのか、なんとも言いがたい表現のオンパレードです。でもこれは多分俺に学がないからだな・・・それでも以前見た「ホーリー・マウンテン」に較べればまだなんとかついていけそうかも。
もしまだこの監督の作品を見たことがない方、機会があれば一度見てみるのも良いかと思います、勉強として。第三の目が開くかもしれないよ、まじで。


まあ二本とも病で伏せっているときに見る作品ではない、ということだけは間違いないと思いました。
[PR]

by Borusichi | 2004-11-30 21:51 | 映画について

決勝進出者決定!

俺の前でドラクエの話をするんじゃねえ!!
どうもボルです。raphineさんの熱い思いに負けず熱烈更新中です。
でも風邪の方も熱烈継続中です。負けないぞえ!

さて、日本の年末のお楽しみといえば歌合戦とか格闘技とかあるわけですがもうひとつ忘れちゃならない日本一決定戦がありまして。
そう、全国のお笑い好きの注目を一身に浴びる「M-1グランプリ」であります。

で、どうやらいよいよ決勝進出の面子8組が出揃った模様であります。
http://asahi.co.jp/m1gp/finalist/index.html

正直予想していたのとは大きく裏切る、といってもいい顔ぶれでしょう。
まさかの東京ダイナマイト(すごい意外。ていうかコントやってるのしか見たこと無いけど漫才でいいのか?)
まさかの南海キャンディーズ(これはちょっと嬉しい。けど一般受けはしないと思います。)
まさかのトータルテンボス(はんぱねえ!)にポイズンガールバンド・・・

まあ、顔ぶれを見れば笑い飯かアンタッチャブルか?という気もします(政治的意味でも)が、ここは一つ大番狂わせ(敗者復活も含めて)を期待したいところですね。

あと、紳介の穴を誰がふさぐのか?というのも気になるところですね。
[PR]

by Borusichi | 2004-11-30 01:44 | 文化・芸能

ああ、USJ・・・

USJ、日本アニメで新アトラクション
 米映画のテーマパークに日本の人気アニメが登場――。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は2005年3月上旬、テレビアニメ「鋼の錬金術師」をテーマにしたアトラクションを導入する。アニメの世界を再現した建物内に小型劇場を設け、オリジナルの短編映画を上映する。人気アニメを活用して家族客の呼び込みを狙う。

 USJが米映画・テレビ以外のテーマのアトラクションを設けるのは初めて。新アトラクションではアニメの登場人物の等身大の模型を設置して物語の世界を克明に再現。さらに200人収容の劇場を併設し、テレビでは放送していない短編映画を上映する。投資額は数千万円規模とみられる。

 USJはこれまで家族客の集客が手薄だったため、顧客層の拡大にはハリウッド映画にこだわらないアトラクションの導入が不可欠と判断。知名度の高い日本のアニメの起用に踏み切った。

 「鋼の錬金術師」はTBS系列で今年10月までの1年間放送したファンタジーアニメ。 (07:00)


間違ってる・・・間違ってるよぉ!!
こんなことしたって家族客なんか来るわけないよぉ!
違う客層の連中が押し寄せてくるだけなのが目に見えるよぉ!
[PR]

by Borusichi | 2004-11-28 19:28 | ニュース

フェチの生き様

<滋賀>「足の臭いかぎたかった」 高校生逮捕

大津市できのう夕方、「小学生が不審な男に声をかけられ、足をつかまれた」などの通報が4件、相次ぎました。警察はきょう未明、目撃情報から現場近くにいた高校1年の男子生徒を暴行容疑で逮捕しました。

逮捕されたのは、大津市にすむ高校1年の男子生徒(16)です。調べによりますと、男子生徒はきのう午後5時ごろ、大津市内のマンションの駐車場で遊んでいた小学6年の男子児童(11)に、「靴欲しいのか」などと声をかけました。生徒は、逃げようとした男子児童の正面に立ちはだかり、抱きついたり、両足をつかむなどの暴行をした疑いがもたれています。現場近くでは、このほかにも1時間のうちに3件、「赤いバイクに乗った男に靴をぬいでくれと声をかけられたり、あとをつけられたりした」といった通報が相次いでいて、警察が付近を警戒していました。生徒は調べに対し「子供の足のにおいをかぎたかった」と供述し、4件とも容疑を認めているということです。


最近のニュースの中、笑うと同時に少し考えさせられた記事でやんす。

世の中にはいろんな性的趣味・嗜好の人がおりまして、その中にはいわゆる脚フェチと呼ばれる人であるとか匂いフェチという人たちもいるわけです。これだけなら割と一般的かもしれませんが中にはそれらの複合技で攻めてくる連中もいるわけで彼もそんな中の一人だったのかもしれません。しかも対象が子供ときたもんだ。これはかなり特殊な部類に入るかもしれませんね。

フェチズムとか性的なことだけに限らず特殊な趣味の持ち主というのは周囲に理解者・同好の士も少なくどうにも孤立しがちでございましょう。人の多い都市部なら何とかなる可能性もありますがこれが地方ともなれば仲間もいない、情報も少ないということで悶々と過ごすことになること必至だと思われます。
まして高校生であればそうそうお金が使えるわけでもなし、適当に発散させる術もなかったでしょう。日々欲望が募っていったことは容易に想像できます。で、ついに我慢ができなくなっちゃったんでしょうねぇ。「ネットで我慢しておけよ!」といっても画面からは匂いは伝わってこないもんね。

まあ、実際に手を出しちゃったのは明らかにまずいんですけど若くしてあまりに険しい道に踏み込んでしまった彼の将来を考えると可笑しさと同時に悲しさも浮かんでしまってなんとも不憫でなりません。
[PR]

by Borusichi | 2004-11-28 10:24 | ニュース

微笑みの裏側で・・・1

b0029921_010267.jpg

「なんか、ここクッサイね!!」
[PR]

by Borusichi | 2004-11-27 00:12 | 思いつき

おれおれ改めまして・・・

Excite エキサイト : 社会ニュース

「劇団・詐欺」っていうのはどうかな?
四季みたいで良くない?
[PR]

by Borusichi | 2004-11-25 18:10 | ニュース

ヨン様来日

Excite エキサイト : 芸能ニュース

テロリストのみなさーん!こういうチャンスを逃しちゃダメー!
[PR]

by Borusichi | 2004-11-25 17:59 | ニュース

DVDで「ほえる犬は噛まない」を見た

コメディというからもっとゲラゲラ笑えるのかと思っていたら意外とそうでもなくてビックリ。
なに、オフビートとかいうやつ?よく知らんけど。

でまあ、これがつまらなかったかといえばけっしてそうでもなく、かといって面白かったなぁという感動があったわけでもないなんともファジーな感じ。

赤・黄・そしてラストには黒に収束するという、色使いが印象的な作品だったなぁという感じです。

っていうかですよ、主演のペ・ドゥナさんですよ!!彼女が可愛すぎて他の部分がどうでもよくなってしまったとですよ!!なんかもう、「彼女と結婚できるのなら苗字がペになってもかまわない!」と波田陽区を逆袈裟斬りしたいくらいの可愛さだったのですよ。

そんなわけで可愛いこちゃんを見たければ見るが吉、ただし犬好きは見ないほうが吉、そんな作品。
[PR]

by Borusichi | 2004-11-25 17:56 | 映画について

もうこんな季節になりました

Excite エキサイト : 芸能ニュース
今年の紅白の出場者が発表されたようですな。
調べるのも面倒くさいので全出場者がどうなっているのか知らないのですが、なるほどSMAPは出なくて氣志團はでると。安室奈美恵は出なくて大塚愛は出ると。ふむふむ。

最近、いわゆるヒットチャートに上るような曲はとんと聴かなくなったものでなんとも興味が薄い話題ではあるのですがまったく気にならないかといえばそんなこともない冬の風物詩ですなぁ。

とりあえずマツケンサンバは生で見たいので要チェックですな!
あと、やっぱり氣志團は見といたほうがいいよね。多分最初で最後だし。
そして大塚愛は「Happy Days」でオープニングを飾る、間違いない!
白組の頭はオレチンレンジだな。これも間違いない!切腹!
[PR]

by Borusichi | 2004-11-25 11:12 | ぼやき

フロリダスワンプエイプ

b0029921_19193828.jpg

こんな奴がアメリカで目撃されたそうな。
もう、怖いのか可愛いのか訳わかんないよ!!

マーフィーの法則でも「宇宙人の目撃者は絵が下手だ」というのがあるそうですがさもありなん。でも上手けりゃ上手いで信憑性は薄くなるような気もするんだよね。痛し痒しですな。
[PR]

by Borusichi | 2004-11-22 19:20 | こんなのみつけた