ハロー!妄ニング。


なんとか生きながらえてます
by Borusichi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
注意!
基本的に本人の意識とは無関係に記述されるいわば自動書記です。

実在する個人・団体に関連する内容が書かれていても真に受けないことをお勧めします。
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
ヨコハマ大道芸2006/..
from 国境の南
wind mp3
from Hamer Sophie
mp3 rock music
from Silvia Maggior..
downloads
from Lillie Rage
whistle song..
from Peter Glelchmann
software to ..
from Venna
22moscow mus..
from Lars Goran Olo..
mp3 song to ..
from Esa Isotupa
the beatles ..
from Edith Doswald
up where we ..
from Oliver Fay
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2005年 12月 19日 ( 1 )


初めてのルミネtheよしもと

この冬一番の寒気団、冬将軍の戦陣が攻め込んでくる今日この頃。我が家のPC部屋には床暖房(というかホットカーペット)しかないため、お尻は温いが指が冷たいという状況であり、あまりPCの前に居たくないのが本音のところ。そんなわけで更新も巡回も滞りがちなのです。チクショー!!(小梅太夫)

そんな寒い最中の昨日、我々夫婦はとある筋から入手したルミネtheよしもとの招待券を持って新宿へ出かけてきました。
日曜日とあっておそらく場内は混むであろうと予想し、朝は9時前から家を出るという我々にとっては異常に早い出発であります。特に私以上に朝に弱い妻はプレッシャーからかほとんど寝付けないまま朝を迎えてしまったほど。遠足前の小学生かよ!

手持ちのチケットを当日の入場券に引き換えないといけないのですが、その時間が朝10:30からということで早く出たわけですが、なんとか整理番号6.7と前の方を取れたので一安心。
さて、問題はこれから15:30までどうして時間を潰そうか、というところです。

しかし、なんやかんやでルミネ内をうろうろしているだけで時間が経ってしまうから不思議なもんで。なによりヴィレッジ・ヴァンガードがあったのが救いでした。

お昼も食べて、おやつもしっかり購入したところでいざよしもとへ突入です。

当日の演目&感想は、

第一部:吉本新喜劇・・・・出演 130R(ほんこん、板尾)、大山英雄、宮川大輔他
漁師不足の漁村にある定食屋(主人:ほんこん)を舞台に起こる一騒動。

ほんこんさんの噛み噛み具合とかに生の醍醐味を感じたりもして。あと、宮川大輔声でけー!


第二部:ネタバラエティ
・南海キャンディーズ・・・・漫才。しずちゃん子供番組のおねえさんになりたい。
しょっぱなからの登場に客席のボルテージも一気に上昇。しかし、客の中に空気を読まないで声をかける人がいて、山ちゃんがちょっとやりにくそうだったのが可哀想。
しかしあの独特な空気感、やっぱり好きだわぁ、このコンビ。

・はりけーんず・・・・漫才。駅で見かけた不細工カップルの話他。
そこそこ受けていた南海の後でやりにくそうな空気もありつつ手堅い感じ。中堅の仕事って感じ?

・ハローケイスケ・・・・漫談?いつものアンケートスタイルのやつ。
エンタの神様で見るときよりも格段に面白かったのはやはりライブならではのマジックなのか?
あと気になったのは、なんか肉付きが良くなっていること。もっとほっそりしたイメージだったのだが・・・衣装がパッツンでしたよ。

・インパルス・・・・コント。地元の釣り人と東京の釣り人。
・・・・なんかダメだったなぁ。ネタのせいなのかなにか解らないけど、一番笑えなかった。キャラに頼りすぎじゃねえか?(偉そう)

・じゃぴょん・・・・コント。売れてないけど芸暦は長い歌手と新人マネージャーのやりとり。
ロンブーの番組などでたまに見かける程度だったのでどんなコンビなのかさっぱり解らなかったのだが意外に面白いコントで見直した。この日に限っていえばインパルス以上の面白さだったと言えよう。それこそエンタあたりに出たりするようになれば伸びるかも。

・B&B・・・・漫才。技術の進歩はよろしくない他、というかほぼフリートークか?
本人たちも言っていたが台本がないかのように繰り広げられるトーク。昔の貧乏話から電車の中の光景まで縦横無尽。さすがの力量というかなんというか一番笑ったのが彼らでした。やっぱり年季の違いというのはすごいね。しかし、洋八のほうがツッコミではなくボケになりつつある、というのが意外だったなぁ。というか洋七がひとりでボケ・ツッコミ両方をこなしているという感じか。


とまあ、そんなわけで顔の筋肉が痛くなるほど笑って帰ってきまして。
これで、あれでしょ、免疫機能が倍ぐらいになったんじゃねえの?もう年末年始は風邪引かずに過ごせるんじゃないの?
そんな感じですよ。
[PR]

by Borusichi | 2005-12-19 13:59 | 初めての○○